«

»

「スピリチュアリズムを語る」江原啓之

LINEで送る
Pocket

 

「スピリチュアリズムを語る」江原啓之

スピリチュアリズムを語る』は、精神世界の原点ともいうべき、人生のあり方や霊的な生き方をとてもわかりやすく、丁寧に語ってくれています。

また、スピリチュアルに踊らされているような人たちに、自戒を促す内容でもあります。

 

 

「スピリチュリズム」とは、「霊的世界」を軸として考える「哲学」です。

 

現世は仮の世。

自分を試す場。

 

スピリチュアリズムは、物質界を否定するわけではありません。

物質界があってこそ、生きている実感があるわけです。

ですが、それは霊的な価値観とのバランスというものが大事なのです。

 

「運・不運」は、スピリチュアリズムの視点から言えばありません。

「不運」とは何かといえば、自分自身が蒔いた種の決算です。

不運とは、蒔いた種の借金を返す時期なのです。

 

開運も同じことです。

努力してよい種を蒔いてきた人にはその分の結果が出る。

いわば実り、収穫のことで、棚ボタ式での幸福などというものは存在しません。

幸運、不運というのは、現世の尺度でしかありません。

 

現世的にいう「不運」でも、そこで苦難を味わってたましいが磨かれるなら、「幸い」なのです。

 

ほんとうの幸せとは、何も怖れるものがないこと、「死」の意味がわかることだと思います。

病気になるのにも学びがある。

仕事にも意味がある。

 

すべてに、 生きるということの目的、意味がある。

これがわかったら、受け入れることが大事です。

受け入れないと、前へ行けません。

受け入れて、超越することが大事なのです。

 

 

スピリチュアリズムを語る
「スピリチュアリズムを語る」 江原啓之 江原啓之 パルコ 2009-12-17
売り上げランキング : 32711

by ヨメレバ

 

 

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>