«

»

私は自分の身体的な障害を、どんな意味でも神罰だとか、不慮の事故であるなどと思い込んだことは一度もありません

LINEで送る
Pocket

 

私は自分の身体的な障害を、どんな意味でも神罰だとか、不慮の事故であるなどと思い込んだことは一度もありません。
もしそんな考え方をしていたら、私は与えられた障害を克服する強さを発揮できなかったでしょう。

あらゆる種類の障害は、当人が自らを開発して真の自由を獲得するように勇気づけるための、愛の笞だということになります。
それらは、石のように硬い心を切り開いて神からの高尚な贈り物を自分の存在の中から見つけ出すために、私たちに手渡された道具なのです。
あらゆる障害は無関心という眼帯をはぎ取ってくれます。
それによって私たちは他人が運んでいる重荷を正視し、憐れみの心の指示に従いながら彼らを助けることを学ぶようになるのです。

ヘレン・ケラー

Helen Keller ヘレン・ケラー

 
 

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>