«

»

晴れてよし 曇りてもよし 富士の山 もとの姿は 変わらざりけり

LINEで送る
Pocket

晴れてよし 曇りてもよし 富士の山 もとの姿は 変わらざりけり

山岡鉄舟

a0001_012301

ときには誤解を受けるかもしれない。

ときには言われなき批難を受けるかもしれない。

しかし、そんなことを気にする必要はない。

人のこころはいい加減なのものだ。

気分でころころ変わるものだ。

時が解決する。

富士山のように、悠然と構えていればいいのだ。

 

『山岡鉄舟』より転載
この当時、鉄舟に対して「あいつは徳川の直参だったのに、今は踝を返して宮中に仕えている。
かつては忠節の鉄舟と言われたはずだ。節操がない野郎だ」という陰口を叩く声があった。

人からの蔭口は無視しているものの、鉄舟も人の子、やはり心を曇らせていたが、富士のお山はどうなのか。
晴れた日も、曇った日も、変わることなく爽やかに気高く聳えている。
それに対して、人は自分の都合に合わせて、雨の富士はよくねぇ、霧の中では見えねぇ、なぞと勝手にぼやいている。

富士山はいつも変わらないのに、見る人の心のあり様でお山に対する評価を変えている。そう思った瞬間、悟りの境地に達したのであった。

 

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>