«

»

不当な目にあったことは、あなたがそれを覚えていない限りなんでもないことなのだ

LINEで送る
Pocket

 

不当な目にあったことは、あなたがそれを覚えていない限りなんでもないことなのだ。

孔子

不当な目にあったことは、あなたがそれを覚えていない限りなんでもないことなのだ。孔子

人からひどい仕打ちを受けた、あんな言い方をされた・・・
うらみつらみはたくさんあるけど、それは自分のこころの中だけの出来事。
相手はそんなことをした覚えがないし、そもそも、相手はそれほどあなたのことを思ってもいない。
そんなことでマイナスに沈んでいるのは、時間が無駄なだけ。
さっさと忘れてしまいましょう。
もっと建設的なことに時間を使うべきです。

それでも、不当な目にあったと思い煩い、そこから離れることができないときは、自分の心を見つめてみましょう。
自分の心の奥底に、トラウマがあるから、その出来事が引っかかるのです。
過去、どういう経緯で心に傷をおったのか探ってみましょう。
マイナスの感情がでてきたとき、それはトラウマを解消する大きなチャンス。
しっかり、心を見つめて、浄化していきましょう。

 

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>