母が子を命をかけてもまもるように、一切の生きとし生けるものに対して慈しみの心を起こすべし

LINEで送る
Pocket

 

あたかも、母が己が独り子を命を賭けても護るように、そのように一切の生きとし生けるものどもに対しても、無量の慈しみの心を起こすべし。

また、全世界に対して無量の慈しみの心を起こしなさい。
上に、下に、また横に、分け隔てなく恨みなく敵意なき慈しみを行いなさい。
立っている時も、歩いている時も、座っている時も、寝ている時も、眠らないでいる限りは、この慈しみの心をしっかりと保ちなさい。

スッタニパータ ―  ブッダのことば

スッタニパータ Sutta Nipata

 

 

 

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

Your email address will not be published.