Category: 仏教・密教・禅

「人生の歩き方」塩沼亮潤

  大峯千日回峰行は、一日48キロの険しい山道を16時間かけて年間約4ヶ月、奈良の吉野山から大峯山の標高1749メートルの山まで往復するという9年がかりの修行です。 定められた期間は、絶対に途中で行をやめること …

続きを読む »

「生きて死ぬ智慧」柳澤桂子、堀文子

  もし あなたが 目も見えず 耳も聞こえず 味わうこともできず 触覚もなかったら あなたは 自分の存在を どのように感じるでしょうか これが「空」の感覚です 般若心経の神髄 私たちは 広大な宇宙のなかに存在し …

続きを読む »

「チベット死者の書―仏典に秘められた死と転生」

  「チベット死者の書(バルド・トドゥル)」は、チベット仏教の伝統から生まれた経典です。 死に臨む人の耳元で、死の直前から死後四十九日間にわたって、この経典を語り聞かせるのです。 生命の本質は心であり光であると …

続きを読む »

「死んだらおしまい、ではなかった」大島祥明

  死んで、終わりではありません。 死んでも、心は変わりません。 悔いなく、未練なく、恨みなく、恨まれることもなく、生きること。 死んでも、心はいまのまま。 だから、この「いま」が大切なのです。   …

続きを読む »

ブッダを語る(3) – 最期の旅『大パリニッバーナ経』

  最期の旅『大パリニッバーナ経』   ゴータマ・ブッダの最晩年のことを記述している代表的な経典は、『大パリニッバーナ経』です。 この経典はゴータマ・ブッダを神話化することなく、人間ゴータマ・ブッダの …

続きを読む »

ブッダを語る(2) – ダンマパダ(法句経)

  真理のことば『ダンマパダ』   原始経典『パーリ語三蔵』のうちで、最も日本の仏教徒に親しまれ、有名な仏典は『ダンマパダ(法句経)』ではないでしょうか。 『ダンマパダ』は、人間そのものに対する鋭い洞 …

続きを読む »

ブッダを語る(1)

  仏教の開祖ゴータマ・ブッダは、指導者になるという意識はなく、超人間的存在の力に頼ることもなく、奇跡を求めるのでもなく、人間として、ただひたすら宇宙の理法(ダルマ)を追究し、それを人々に熱心に説き示してきまし …

続きを読む »