未来がどうなるか、あれこれと詮索するのをやめよ。

LINEで送る
Pocket

 

未来がどうなるか、あれこれと詮索するのをやめよ。

そして、時がもたらすものが何であれ、贈り物として受けよ。

古代ローマ時代の南イタリアの詩人・ホラティウス

horace

私たちはそれぞれ、魂の成長のため、様々な試練を人生に課して生まれてきました。

自分たちで人生設計をしていながらも、私たちは自分の未来を知ることはありません。

なぜなら、より魂が成長するよう、人生の設計図を忘れて生まれてくるからです。

わからない未来のことを心配する必要はありません。

全ては完璧にして起こること。

自分の成長のために起こること。

人生で起きることはすべてが贈り物。

一つひとつ試練を乗り越え、自らを高めていこうではないでしょうか。

 

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

Your email address will not be published.