ブッダを語る(2) – ダンマパダ(法句経)

LINEで送る
Pocket

 

真理のことば『ダンマパダ』

 

原始経典『パーリ語三蔵』のうちで、最も日本の仏教徒に親しまれ、有名な仏典は『ダンマパダ(法句経)』ではないでしょうか。

『ダンマパダ』は、人間そのものに対する鋭い洞察と反省を端的に述べ、人生の指針となるような金言に満ちております。

 

ものごとはこころにもとづき、

こころを主とし

こころによってつくり出される。

もしも清らかなこころで

話したり行ったりするならば

喜びはその人につき従う。

影がそのからだから離れないように。

 

第二次世界大戦後、1951年に行われたサンフランシスコ講和条約締結のときに、スリランカの代表が次の第五詞句を引用し、日本に対する一切の賠償請求権を放棄し、大きな反響を呼びました。

 

じつはこの世において

怨みに報いるに怨みを以てしたならば

ついに怨みの止むことがない。

怨みをすててこそ止む

これは永遠の真理である。

 

『ダンマパダ』第三章に「こころ」と題する詞句があります。

仏教徒だけでなく、インドの宗教家たちもこころのコントロールにこころを砕きました。

 

こころは捉えがたく

軽々とざわめき

欲するがままにおもむく。

そのこころをおさめることは善いことである。

こころをおさめたならば、

安楽をもたらす。

 

こころは、非常に見がたく

大変に微妙であり

欲するままにおもむく。

英知ある人はこころを守りなさい。

こころを守ったならば

安楽をもたらす。

 

ブッダを語る (NHKライブラリー)
前田専学著

 

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

Your email address will not be published.