«

»

「高血圧はほっとくのが一番」松本光正

LINEで送る
Pocket

 

「高血圧はほっとくのが一番」松本 光正

 

高血圧は少しも気にすることはありません。ほっとくのが一番です。

上が200を超える極端な場合を除き、何ともありません。

心配する必要はまったくないのです。

 

 

今や「高血圧症」といわれ、患者数は約5500万人もいるとされる。

日本人の成人の半分以上が、「高血圧症」という病気なのだ。

しかし本人は痛くもかゆくもなく、どう見ても健康なのだ。

ただ、血圧という数値が、基準より高いだけである。

通常、人が気にする程度の血圧が、重い病気を引き起こす可能性はゼロに等しい。

「高血圧症」とは、製薬会社の利益のために作った、虚構の病だといえる。

 

血圧は気にしない

血圧は気にしないほうがいい。

血圧を気にすることは、それ自体ストレスであり、そのマイナス思考が、かえってさまざまな病気を招くのだ。

ガンも脳卒中も心臓病も、最大の原因がストレスなのは、いうまでもない。

この世には、たくさん健康法がある。

私の説く高血圧に対する健康法は、じつに簡単である。

放っておく。

たった、これだけである。

血圧心配性から自由になれば、身も心もすこやかになれる。

 

「高血圧症」という詐欺商法

高血圧の基準値は、たった8年で50も下がっている。

2000年までの基準値は、実質、上180mmHgだった。

それがどんどん下がり、2008年には130になっているのだ。

今は、130を超えると、その人は「高血圧」と判断される。

「病人」として、医者に生活上の指導を受け、降圧剤を処方されるのだ。

基準値を下げることは、いうまでもなく患者を増やすことである。

基準値の操作は製薬会社にとって、大金を生む打ち出の小槌なのだ。

 

脳梗塞の本当の原因

なぜ、高血圧はいけないといわれるのか?

一つには「高血圧は脳卒中を引き起こす」ということが、常識になっているからだ。

確かに脳卒中は、命を脅かす恐ろしい病気だ。

脳卒中は、ガン、心臓病に次いで死因の第3位。

日本人の死因の約15%を占める。

1999年度の調査によると、脳卒中を起こした人のうち、脳梗塞が84%、脳溢血が13%、くも膜下出血は3%だった。

脳梗塞の原因になる血の固まりは、脳の血管に生じるものだけではない。

心臓でできた血の固まりが、血流によって運ばれ、脳の血管を詰まらせることもある。

脳梗塞は高血圧が原因といわれるが、そうではない。

むしろ、血圧の低いときに起こる疾患である。

脳の血管が詰まりかけたとき、体は懸命に血流を勢いよくし、血のかたまりを吹き飛ばそうとする。

血圧を上げて、脳を守ろうとしているのだ。

薬で血圧を下げることは、命取りなのだ。

東海大学医学部名誉教授・大櫛陽一氏の研究によれば、「降圧剤を飲んでいる人は、飲んでいない人に比べて脳梗塞の発症率が2倍になる」という。

 

降圧剤を飲むと、ガンになる

なぜ降圧剤を飲むと、ガンが増えるのだろう?

理由は、血圧を下げる仕組みにある。

降圧剤にはいくつかのタイプがあるが、カルシウム拮抗剤は、免疫力を弱めてしまう。

そのため、普通なら摘み取っていたガンの芽を放置してしまうのだ。

免疫力の低下によって、増えるのはガンだけではない。

もとより、ほかのさまざまな病気も引き起こす。

このような観点からも、降圧剤をできる限り控えるべきだと考える。

 

加齢とともに血圧が上がるのは常識

血圧が加齢とともに上がるのは、医学の常識である。

年を取ると誰でも白髪が増えたり、皮膚がたるんでシワができたりする。

同じように、血管も年を取ると硬くなる。

「動脈硬化」である。

動脈硬化は、血管の加齢現象なのだ。

動脈が硬くなると、拡張・収縮しにくくなり、それだけ血液を送りにくくなる。

脳や手足の隅々まで血液を送るために、心臓は血圧を上げて、勢いよく血を送り出しているのである。

加齢によって血圧が上がるのは、当然なのである。

それを薬で下げたら、脳や手足の先に血が回らなくなって、ボケたりふらついたりしてしまう。

実際、降圧剤を飲んでいる人に服薬を止めてもらうと、ほとんどの人が「頭がすっきりした」という。

めまいや手足のしびれがなくなったという人も多い。

高齢者は、160~180でも大丈夫である。

加齢で硬くなった血管に血液をめぐらせるためには、そのくらい高い血圧が必要なのだ。

人間の体は、薬など及びもしない絶妙なコントロールを行っているのである。

 

肥満が病気をつくる

血圧やコレステロールがどうしても気になるというなら、それらを下げる一番簡単で確実な方法は、痩せることだ。

太っているということは、心臓に負担がかかり、血圧が上がるのも当然だ。

ましてや降圧剤を飲むのは、危険だ。

肥満の人が標準体重になれば、病気になる確率は低くなる。

多くの人が悩まされる腰痛、膝痛も改善される。

肥満の原因は、運動不足ではない。

食べるから、太っているのだ。

ダイエットの基本は減食である。

食べれば太る、食べなければ痩せる、それだけが真実だ。

 

健康を害する要因はストレス

健康を害する最大の要因は、ストレスである。

あれこれ気にするより、ゆっくり「骨休め」すること。

現代人に一番必要なのは、結局これではないだろうか。

疲労はストレスである。

体はストレスと戦うために血圧を上げる。

薬を飲むより先に、十分に睡眠をとり、休むことが先決だ。

これだけでも、ずい分違う。

病気の不安はきりがない。

心配したら、それだけ医療費は雪だるま式に膨らんでゆく。

それよりも、ストレスを取るためにお金を使ったらいかがだろうか?

そのお金で、旅行に行ってのんびりしたり、落語を聴いて思いっきり笑うとか、おしゃれをしておいしい物を食べにいくとか、ストレス解消やプラス思考になることにお金を回したほうが、ずっと賢明ではないだろうか。

 

高血圧は病気ではない

高血圧は病気ではない。

それを無理やり薬で下げれば、重い病気が起こりやすくなるのは当然だ。

また、病気ではないものを、病気と言い立てれば、人はマイナス思考に陥ってしまう。

そのマイナス思考がストレスになり、大きな病を招くのだ。

人間の体は、やわではない。

それは実に強いものだ。

しかも、どんな治療や薬よりも、ずっと賢く自身を調整している。

血圧のことは、きれいさっぱり忘れてください。

そうすれば、身も心も健康になれます。

 

 

 

高血圧はほっとくのが一番 (講談社プラスアルファ新書)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/asin/4062728443/arigatou05-22/ 松本 光正 講談社 2014-04-22
売り上げランキング : 3036

by ヨメレバ

松本光正
1943年大阪生まれ。 北海道大学医学部卒業後、医療生協浦和民主診療所勤務・所長を経て、1995年おおみや診療所所長に就任。2009年から関東医療クリニック院長。高校2年生の時に中村天風の最晩年の弟子として指導を受ける。以降、天風会の講師としても活躍。

 

 

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>