«

»

3月 01 2014

中村勘三郎さん がん検診したことで死期が早まったとの意見も

LINEで送る
Pocket

 

NEWSポストセブン|中村勘三郎さん がん検診したことで死期が早まったとの意見も

近著『医者に殺されない47の心得』が108万部のベストセラーになっている医師の近藤誠さんは、25年間、独自のがん治療法を訴え続けてきた。

中村勘三郎さん(享年57)は自覚症状がない状態で人間ドックに入り、食道がんが見つかった。

すでにリンパ節への転移があったが、食道全摘手術を選択。

誤嚥により肺炎を併発、亡くなった。

「検査でがんとわかり、手術を行ったことが死期を早めた」というのが近藤医師の意見だ。

 

近藤先生のご著書『「がんもどき」で早死にする人、「本物のがん」で長生きする人』 をこのブログでも紹介させていただきましたが、その記事がこのサイトのアクセス数のトップを記録しました。

みなさんの癌治療に対する関心の高さ、不信感の表れを強く感じました。

 

猛毒と言われる抗がん剤治療、さらに、食道を全部摘出して、身体に良いわけがないに決まっています。

自覚症状がないのだから、そのままにしていれば問題なかったのではないでしょうか?

手術をしなければ、今でも勘三郎さんの舞台で活躍する姿を観れたことでしょう。

「がんを放置すれば、痛まず、苦しまずに死ねるようになって」いるのだから、本当に残念なことでした。

 

「がん検診は誤診も問題にされてきたが、近年は「検診自体に意味がない」というのが世界の医療の潮流」

無駄な検診、無駄な治療をしないのが得策のようです。

 

<参考>
「がんもどき」で早死にする人、「本物のがん」で長生きする人

「がんもどき」で早死にする人、「本物のがん」で長生きする人

 

 

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>