«

»

12月 04 2013

足立美術館に行ってきました

LINEで送る
Pocket

 

出雲に行くとき、絶対はずせないのが「足立美術館

ここの日本庭園がミシュランで三ツ星を獲得!

さらに、米国の日本庭園専門誌でも「10年連続庭園日本一」が選ばれるほどの名園中の名園!

かなえてからどんな庭園か見てみたいと思っていました。

足立美術館

評判に違わぬ素晴らしい庭園!!!

美しく、壮大な日本庭園に感動しました。

足立美術館

美しい庭園と、園外の山々を借景として一体となるダイナミックな景観には圧倒されました。

庭園からの眺めには、目障りになる建物や鉄塔もなく、
まわりの景色をも庭園に取り入れるその壮大な美には、感動するしかありません!

まさしく日本一の庭園でした。

足立美術館

 

また、この美術館のすごいところは庭園だけではなく、日本画や陶芸の名品を数多く収めているところです。

120点の横山大観の作品をはじめ、近代日本がの巨匠の多くの作品があります。

久し振りに上村松園を観ましたが、画の中の女性のこころが活き活きとしている
画に魂を宿らせるその技には、改めて感動しました。

上村松園「待月」

川合玉堂の画も素晴らしかったですね。
真冬の寒さを感じさせるだけでなく、川の音、水車のまわる音、雪が降る音が聞こえてくるような、臨場感あふれる画でした。

川合玉堂「雪降る日」

 

本物の作品に出会うと、こころが洗われる気がします。
一流のものに触れ、心を養い、感性を磨くことは大切ですね。

 

滞在時間が1時間ほどしかなく、最後の現代日本画がゆっくりと見れないのが残念でした。

館内には、庭園を眺められるカフェやお茶室があり、今度来るときはひと息をいれつつ、じっくりと鑑賞したいですね。

足立美術館」は山陰のお薦めスポットです。
感動まちがいないです。

 

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>