«

»

10月 10 2013

人生とは自作自演の映画を観ているようなもの

LINEで送る
Pocket

 

最近色々思い悩むことがあり、ネガティブな自分にとらわれていた。

あるとき、ふとイメージとして感じたのが、
自分が映画館にいて、自分が作った映画を観ているというシーン。

a0003_000227
自分の思いがスクリーンにそのまま投影され、ストーリーが展開している。
自分でシナリオを書いている。
その筋書通りに自分が演じ、人生という映画が作られている。
自分の思いが、そのまま忠実に、現実のストーリーになる。

人生とは、自作自演の映画を観ているようなものかもしれない。

その意味では、現実は幻想なのかもしれない。

ならば、自分で自分の物語を作ることとしよう。

 

LINEで送る
Pocket

2 comments

  1. Julia

    私も・・・
    ときどき、カーテンコール(舞台が終わったあとに出演者がみんな出てきて
    手をつないで観客の拍手ににこやかに応える場面)を思い出し
    今、迫真の演技で私にこんなひどいことをしている「悪役」の人も 
    実はこの舞台が終われば とたんににこやかな「劇団仲間」に戻って、
    仲良く楽屋でおしゃべりするのかもしれないなぁ・・なんて思ったりもします。

    そうすると、なんだか力が抜けて ちょっと冷静さを取り戻して
    誰のことも赦せちゃうような気がするのです♪

    1. 龍氣

      Juliaさん
      Juliaさんは舞台なのですね。
      なるほど、カーテンコールでは悪役とも一緒になって、観客の声援に応える。
      舞台が終われば、楽屋でみな仲良くおしゃべりする。
      本当にそうなんだと思います。
      全ては自作自演、自分が作ったストーリーを皆が演じているだけのような気がします。
      コメントありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>