«

»

「次の地球へ」バシャール&関野あやこ

LINEで送る
Pocket

 

バシャール&関野あやこ

 

皆さんの現実は、映画のスクリーンのようなものです。

皆さんが信じている観念を、そのスクリーンに映し出して、見せているだけなのです。

スクリーンに見えている映像は、それは単なる光の集まり、幻想にすぎません。

実体はないのです。

そこに何を見るかは、あなた次第なのです。

現実は中立なんです。

感じているのは自分の中だけ。

その感じていることに判断はいりません。

映画館と同じなんです。

 

100%の存在

皆さんは既に、100%の存在として生きているんです。

無限の存在として生きるためには、無限の存在として、行動を始めればいいだけです。

この瞬間から皆さんが自分に許せるだけ、自分に居心地のいいだけの自分をフルに感じてあげてください。

自分で対処できる分以上のものを、自分に課す必要はありません。

完全な、宇宙と同じ、すべてとつながっている意識、既に私たちはそういう存在です。

 

宇宙が皆さんに期待していること

ハイヤーマインドの目を通して自分自身を見たら、自分がどれだけパワフルで素晴らしい存在であるかに、感動して泣いてしまうでしょう。

宇宙が皆さんに期待していることはひとつ、

「自分自身になる」

それ以外はありません。

私たちは宇宙から遊びにやって来ているので、高い意識に戻っていくのは、私たち一人ひとりが自由に選択するんです。

「この惑星で、高い意識のほうを使って存在してみたい」とそれを選んだとき、本当に方向性がそうなります。

現実で居心地が悪いものが起きたとして、それをなんとかしようとはしないで、

「あ、そうだ!高い意識を使おう!」とすると、意識は自分に向きます。

創造の中には「大いなるすべて」しか存在しません。

すべてのその「ひとつ」がいろいろな表現をしているだけです。

 

私たちのメソッド

「今ここ」しか存在していません。

「このとき」とか「あのとき」というのは存在しません。

過去と未来は幻想です。

すべては今に存在しています。

過去という観念、未来という観念も、ただ異なる「今」の連続なのです。

すべてのものがすべての人にとっていつでも、「今」アクセスすることができるのです。

私たちに必要なのは、ただ毎瞬毎瞬、自分が喜びを感じることを、行動に移すことだけです。

それが私たちのメソッドです。

 

 

次の地球へ

ダリル・アンカ,関野あやこ 発行:アンフィニグローバル,発売:ヴォイス 2008-12-26
売り上げランキング : 314267

by ヨメレバ

ダリル・アンカ
http://bashar.org/
30年来、形而上学を学び、1984年にチャネリングが始まる。以後、世界各地でバシャールをチャネルしてきたが、現在は特に何かを伝える必要がある場合のみチャネリングを行なっている。「zia films」代表

関野 あやこ
http://www.sekinoayako.com/
1987年バシャールとの出会いをきっかけに、自分の宇宙意識とつながりだす。その後、「宇宙授業」など彼女独自のセミナーを多くの人たちに提供してきた。2000年には、自分の高い意識に戻っていくメソッド「アンフィニ」を生み出す。この惑星の概念を超えて存在する彼女のエネルギーは、誰もがそこで生きれることを感じさせてくれる

 

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>