«

»

「お金と本当の豊かさ」リン・A・ロビンソン

LINEで送る
Pocket

 

lynn

私たちは直感と呼ばれる内なる知恵を授かってこの世界に生まれてきています。

直感を信頼し、その導きに従っていけば、豊かで喜びにあふれた生き方が約束されます。

どんな人も一人ひとりが、繁栄と幸福と成功を手にする資格をもっているのです。

 

宇宙は味方

宇宙はつねに私たちの味方です。

天は誰もが成功することを願っているのです。

この豊かさの奔流に足を踏み入れ、その豊饒さを自分が生まれながら持っている資格として、自然に受け入れることができるようになれば、信じられないようなことを起こるようになってきます。

繁栄へつながる発想や、事象をもたらしてくれるシンクロニシティや、以外な偶然、奇跡的な出来事などを日常的に体験するようになってきます。

豊かであることは、私たちの自然な本来の姿なのです。

 

導きにしたがう

どんな人にも、繁栄する豊かな人生を送る資格があります。

そして私たちには誰しも、望んでいるものへ向かうために、つねに後押しし続けてくれる力強い内なる誘導システムが備わっているのです。

喜びと情熱にしたがって選択を重ねていけば、はるかに短時間で望むお金を自分のものにすることができるでしょう。

内なる繁栄の導きにしたがい始めたそのときから、ものごとがはるかに滑らかに、急テンポで展開することがわかるようになってきます。

偶然や奇跡のような出来事を体験するようになり、自分がしかるべきときに、しかるべき場所にいる人間の一人になったことがわかります。

 

感謝が回路を大きくする

感謝の気持ちには、繁栄する豊かな生き方へ向かうための奇跡を起こす力があるのです。

身のまわりの豊かさに気がつく目を養い、それを慈しむ習慣をつけてください。

繁栄は、今、ここにあります。

感謝の気持ちは、豊かさの流れを遮断するのではなく、その回路を大きく開いてくれるのです。

 

与えることで豊かになる

与えることは真の豊かさを肯定する行為です。

繁栄する人とは、時間、お金、アイデアそのほか、どんなかたちであれ、受け取るだけでなく、与える人でもあるのです。

与えることによって、流れ込んでくる豊かさはいっそう大きくなります。

私たちは豊饒な宇宙に生きています。

寛大な行為は、この宇宙のすばらしい力にふれる道を開いてくれます。

繁栄とは、その流れにほかなりません。

天とつながることができれば、他者を祝福し、自分の時間や才能を与えるようになってきます。

そしてそのような姿勢こそが、お金やアイデア、繁栄につながる状況をますますたくさん引き寄せてくる強大なエネルギーを生み出してくれるのです。

 

繁栄は循環する

愛、幸運、そして豊かさは、私たち全員の内を流れ、この世界全体に循環しています。

それは、与え、受け取るという終わりのない流れにほかなりません。

お金や時間、心遣いを差し出すことによって、何倍にも増えて戻ってくるものを受け入れる心が開かれます。

与える行為そのものが、豊かさを生み出すのです。

この宇宙は、全員が受け取ってなお余りある豊饒さに満ちています。

私たちは天に授かったいのちを完全にまっとうするために、この世界に生を受けているのです。

 

 

これ一冊で手に入れる! お金と本当の豊かさ (VOICE新書)
リン・A・ロビンソン ヴォイス 2012-11-07
売り上げランキング : 17398

by ヨメレバ

著者:リン・A・ロビンソン
http://lynnrobinson.com/

世界的な直観コンサルタントとして、多数の有名企業、著名人、俳優、ミュージシャン、エグゼクティブ達をクライアントに持ち、常に世界中から相談が寄せられている。専門分野は「天職(自分の才能や特技、ミッション)の発見」、「好きなことで収入を得られるようになるまでの過渡期をどうやって過ごすか」、「ビジネスコンサルティング」。全世界14ヵ国以上で著書が出版されているベストセラー作家でもある。日本語版著書は「直観力レッスン」、「人生の全てを決める鋭い直感力」、「夢を叶える直感の磨き方」、「これ一冊で手に入れる、お金と本当の豊かさ」、「直感で生きる」など。アメリカ3大放送局であるABCやCBSの番組にも出演。USAトゥデイやニューヨークタイムズを含む15以上の新聞、雑誌がリン・ロビンソンを特集。USAトゥデイはリンのことを「企業の規模を問わず、ロビンソンはあらゆる企業の社員のモチベーションを、ビジネスに活かすように指導している」と評する。

 

 

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>