«

»

阿部敏郎の「いまここ塾」

LINEで送る
Pocket

 

阿部敏郎

 

私たちは、生かされています。

そのことを、本当に自分でとらえることができたら、きっと人生観が大きく変わると思います。

そのときに心から「おかげさま」って気持ちが出てくる。

それが「いまここ」に戻ってくる秘訣です。

「いまここ」っていうのは、ありがたいことなのです。

すでにすべて得ている

実は私たちには、すべてがあるんです。

すでに、すべて得ている。

いま与えられているものを見たとき、それはもうすでにゴールなのです。

いつか幸せになろうと思っていたそのゴールが、「いま」あったということなんです。

これが唯一幸せになる方法です。

幸せっていうのは、「いまここ」にありますから。 

 

特別であることをやめる。

悟りっていうのは、聖人になることではありません。

当たり前の人間になることなんです。

自分が当たり前であるということを、心の底から受け入れることなんです。

通常我々は、自分が当たり前じゃないと思っている。

その特別さを超えることなんですよ。

自分は取るに足らない本当にありふれた、ごくありふれた存在だっていうことを心から認め、評価せずに受け入れることです。

でもそれをとことん感じると、同時に自分というものはとてつもなく偉大で、時空を超えた「神」「仏」そのものだったんだってわかります。

 

「いまここ」を生きること

「いまここ」を生きていくこと。

もっと静かに、すべての出来事を一切の評価を捨て、あるがままにただ受け入れ、見つめている状態です。

私たちはあらゆる出来事を評価判断して、決めてしまいます。

絶え間なく裁いているチェック機構をはずして、安心してあるがままの「いま」を超客観的に味わっている状態、それが「いまここ」なんです。

 

それを禅では「無心」といいます。

一切心でとらえていない、

一切頭でとらえていない。

ただ受け入れている。

 

もうすでに救われている

もうあなたはゴールにたどり着いている。

すでに救われている。

もともと救われていたんです。

もともと救われてる私たちが、わざと迷った夢を見ているんです。

だから何が起きても大丈夫です。

何が起きようと救われているから、いささかも傷つかないし、

これからもずうっとそうですから。

 

 いつもヒントをくれている 

私たちを護ってくれているその存在は、いつもヒントをくれているんです。

あなたがいまどうしたらいいかっていう、愛あるメッセージが常に降りてくるんです。

そしていつもベストの出来事を、あなたに用意してくれている。

いままでもずっとそうです。

これからもずっとそうです。

 

あなたの現実がどう見えようと、それはあなたにとってベストなことなんです。

これからもそうです。

見方をちょっと変えれば、その環境や出来事は、あなたを成長させるために、あなたをもっと豊かにするために起きている、

それを受けとめていく、受け入れていくという、その態度が幸せの基本です。

 

 

(文庫)阿部敏郎の「いまここ塾」 (サンマーク文庫)

阿部敏郎 サンマーク出版 2013-12-10
売り上げランキング : 11407
 

by ヨメレバ

阿部 敏郎
http://abetoshiro.ti-da.net/
1953年、静岡県浜松市に生まれる。1975年、シンガーソングライターでデビューし、幅広い活動を続ける。まったくの唯物論者だった31歳の時、突然霊的インスピレーションが訪れ、その翌日、すべての仕事を辞めて真理の探究を始める。1989年、奈良県奥吉野の天河神社に奉公した後、臨済宗大本山方広寺にて、禅僧と共に心の学校「いまここ塾」を開校。現在、各地で開催する講演会は常時満席。自身のブログは月間130万アクセスを超える。

 

 

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>