«

»

「ゴーマニズム宣言SPECIAL天皇論」小林 よしのり

LINEで送る
Pocket

 

ゴーマニズム宣言SPECIAL天皇論

 

皇室を知ることは、日本を知ること。

そして、日本人のアイデンティティを、知ることでもあります。

日本が、世界に誇るべき天皇の真の姿とは・・・

 

祭祀王としての天皇

天皇は「祭祀王」である。

天皇はエンペラー(皇帝)ではない。

皇室の古代以来の伝統、それは祭祀を重んじることだ。

祭祀によって国の平安と民の安寧を祈る、

無私の存在。

それが天皇である。

 

古来、天皇の最も重要なつとめは、祭祀を行うことであるといわれ、元旦の四方拝に始まって、祈年祭、春秋の皇霊祭、神嘗祭、新嘗祭など、天皇は年間30回にも上る皇室祭祀を行われる。

 

国の安寧を祈り続ける

日本においては、「民」が「天皇」の存在を滅ぼそうとしたことは、歴史上いまだかつてない。

それは天皇が世俗的君主と異なり、祭祀を司る存在だからである。

公のため、民のために祈る存在であり、私利私欲とは全く無縁だからである。

幾千年の歴史を経て、今現在もその万世一系の子孫が、国の祭祀を司る最高権威者の地位にあり、国の安寧を祈り続けておられるのだ。

天皇とはそのような、世界にも類を見ない、奇跡のような存在なのである。

 

天皇の起源は神話にある

日本の天皇の起源は神話にある。

天皇は国民の安寧を祈る祭祀王だから欧州でいえば王室よりもローマ法王に近い。

そもそも神話に起源を持つ祭主がいる国というのが、世界でも珍しい。

天皇は国民と対立関係にないから、日本では革命が起こらないのである。

天皇とは「祭祀王」であり、祭祀を行うことこそが天皇の本質である。

 

「公」の存在

天皇に「権力」はない。

だが、「権威」がある!

それは江戸時代も今も変わりはない。

その権威の根拠は神に求めるしかなく、それゆえ天皇は祭祀王として、権力より上位に君臨しておられる。

 

その天皇が民のために祈る。

民の安寧をひたすら祈る。

権威である天皇に「私」はない。

 

天皇は「公」の存在であり、民のために祈るのが務めなのだ。

 

天皇はカミである

天皇は元々、西欧流の「GOD(絶対神)」ではなく、漢語の「神(しん)」でもない。

ただし、大和言葉の「カミ」である。

神話から万世一系で続き、祭祀によって聖徳を保ち、権威を帯びて民をシラス「アキツミカミ」である。

両陛下を見て、「慈悲」や「公」や「聖なるもの」を直感するのは、国民を思う姿、無私・無欲で暮らされる姿しか見ないからである。

その真実の姿が「祭祀」を、人知れずなさっておられる「カミ」だからである。

 

天皇は絶対神でもなければ、独裁者でもない。

天皇は我々の魂の中にある。

天皇を中心に置いた「支配なき自己統治」こそが、日本の国体なのである。

 

ゴーマニズム宣言SPECIAL天皇論

小林 よしのり 小学館 2009-06-04
売り上げランキング : 1597

by ヨメレバ

小林 よしのり
昭和28年、福岡県生まれ。昭和51年、大学在学中に描いたデビュー作『東大一直線』が大ヒットする。平成4年「ゴーマニズム宣言」の連載がスタート、「ゴー宣」本編のみならず『戦争論』『沖縄論』『靖國論』『いわゆるA級戦犯』『パール真論』といったスペシャル編も大ベストセラーとなり、つねに論壇・言論界の中心であり続ける。平成21年、満を持して発表した『天皇論』は即ベストセラーに

 

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>