«

»

「心の自由を探す旅」ブランドン・ベイズ

LINEで送る
Pocket

 

ブランドン・ベイズ

 

ありのままでいると、自然に自分の本質を知ることができます。

ありのままでいることが、自由な悟りの意識への唯一の道なのです。

 

グレース(聖なる本質)の真髄は「ありのまま」です。

いつも完全で、自由で、広々とした存在です。

そして日々の生活の中で、その一つ一つの瞬間に私たちにとって何が最適かを知っています。

どんな状況下でも、そのとき何が一番必要なのか知っているのです。

そして、流れに乗って、いつも柔軟に変化しています。

 

今この瞬間

「今この瞬間」にすべての意識を集中させると、偉大な力に気付くでしょう。

思考を止めて意識を今に向けると、その瞬間にグレース(聖なる本質)が自動的に姿を現します。

 

ここにあるのは、今だけです。

 

意識を今この瞬間だけに向けて、目の前にある仕事のみに愛と意識を注ぎ込むのです。

すると、無理なく今この瞬間に戻ることができて、くつろぎと安心と自由の中で効率良く仕事をこなすことができるようになります。

 

感謝は聖なる本質を引き寄せる

感謝はグレース(聖なる本質)を引き寄せる磁力を持っています。

もしあなたが純粋な心を今この瞬間に向けたら、たちまち感謝を感じることができるでしょう。

今この瞬間に意識を向けて、あなたの心を大きく開いてみましょう。

すると経験の一つ一つが、感謝を感じるチャンスを与えてくれます。

 

感謝を心から感じるためには、それがたとえの望みとは違っていても、今この瞬間をそのまま受け入れることが大切です。

ありのままそれを受け入れれば、感謝がわき上がり、その空間はグレースで満たされることでしょう。

 

人生の美しさ、多くの祝福に心を開けば、そこにはいつも感謝があるのです。

感謝には、どんなに大きな夢も現実化させる力があるのです。

 

許しは自分自身への贈りもの

真の許しは、深い癒しと自由をもたらす自分への最高の贈りものです。

最も大切なことは、自分に対する許しです。

自分に対する許しで、肉体的な癒しや人間関係における癒しを含めたすべてのレベルでの癒しを可能にします。

 

許しは、あなた自身への最高の贈りものです。

許すことでそれまでしがみ付いてきた意識を手放し、私たちが自由になるのです。

許しは、あなたを過去の痛みから完全に解放してくれます。

自然な思いやりを感じることで起こる本当の許しは、あなたに自由を与えてくれるでしょう。

 

 悟りとは

悟りとは、純粋な意識のことです。

マントラを唱えたり、修行を積んだり、苦行を達成したりする必要はありません。

あなたはすでに「完全」な存在であるため、あらためて何かを得る必要などないのです。

それを手に入れようとする頑張りこそが、逆に純粋な経験を遠ざけているのです。

 

悟りはいつでも体験することができます。

それは、あなたが悟りそのものだからです。

悟りというものは、過去や未来にとらわれないで、今この瞬間に意識を向けること。

あなたはいつも、悟りとともにいるのです。

 

悟りとは、ある瞬間的な出来事ではなく、終着地でもありません。

それは、限りない永遠への入り口なのです。

悟りに関わる思考をすべて捨てて、広々とした未知の中でリラックスすれば、それでいいのです。

ここは終着地ではなく、ここから限りない抱擁が広がっていくのです。

 

 

心の自由を探す旅―あなたの中にある〈聖なる本質〉を求めて
「心の自由を探す旅」ブランドン・ベイズ ブランドン・ベイズ ハート出版 2010-09-11

by ヨメレバ

ブランドン・ベイズ(Brandon Bays)
http://www.thejourney.com/
http://www.thejourneyjapan.com/
アンソニー・ロビンズやウェイン・ダイアーなど、自己啓発の分野における世界的リーダーたちとともに講演家として活躍。1992年、腹部にできたバスケットボール大の腫瘍を自らの力で自然治癒させたことをきっかけに、独自のプロセスワーク「ジャーニー」を開発。その著書は100万部を超えるベストセラーとなった。現在も世界各地で精力的にワークショップやリトリートを開催し、人々が自己の真実と完全さに目覚めることをサポートしている。現在はイギリス在住。

 

 

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>