«

»

「なぜ、飛べるのに歩いているの?」イーシャ

LINEで送る
Pocket

 

isha イーシャ

 

 

今、この瞬間を受け入れなさい。

今この瞬間にしっかりと意識を集中することで、私たちは完全な状態でいられるのです。

今この瞬間は、何ものにも汚されない完全な時間なのです。

 

この瞬間をありのまま受け入れることで、自然と自分の内面の振動率が高くなり、これまでよりもはるかに高い愛の意識を味わえるようになります。

今という瞬間につながれば、あなたの知覚の窓をくもらせている憶測や恐怖は消えていき、新しい目でものが見られるようになります。

 

悟りを得る

悟りとは、無条件の愛のことです。

条件をつけない愛のことであり、判断せずに生きることであり、あらゆるものに美しさを感じ取ることです。

悟りの境地に達するためには、今この瞬間、自分自身を受け入れさえすればいいのです。

悟りとは、心の目で見られるようになることで得られるものです。

外部がどのような環境に見えようと、すばらしい、無条件の愛だけを抱きながらものを見ることです。

 

ありのままを受け入れる

外部は、私たち自身の内面を映し出している鏡にほかならないのです。

充実感、平穏、喜び、愛を、自分以外のところに探しても無駄です。

私たち人間の心を満たしてくれるのはただひとつ、愛の意識なのです。

このことをしっかりと心に刻みつけてさえいれば、人生で充実感を抱くのはたやすいことです。

私たちはけっして変わることも消えることもない、内なる平和と喜びを見つけられるのです。

 

自分自身を愛する

純粋な愛を表現するためには、まずあなた自身を純粋に愛さなくてはいけません。

無条件に愛し、愛されるようになるためには、今この瞬間が完全であることを受け入れることです。

自分にはどこも欠陥はなく、ありのままの自分でいいのだということを認めるのです。

私たちは人間として完全なのであり、そうなるようにできているのです。

自分を無条件に愛せるようになれば、自分以外のすべての人をも、心から愛せるようになります。

無条件の愛の光で、自分の内面にある完璧な自分を見つけた瞬間、自分以外のすべてのものも、また同じように完璧であることが、認識できることができるのです。

 

与えること

愛は存在するものの中で、もっとも強い力を持つものです。

存在する唯一のものなのです。

愛の本質は与えることにあります。

この本質の中に、無限の喜びを見つけ出すことができるのです。

愛は期待することも、恨んだりすることもせず、与えています。

真実の愛、無条件の愛は、他人に与えることが、実際には自分に与えていることであると気づいているからです。

 

愛が見つからない場所などどこにもありません。

存在しているのは愛だけなのです。

愛こそ、真実のあなたが持つ偉大さです。

愛こそがすべてなのです。

 

愛を見つけ出す

感謝をするようになれば、ずっと見過ごしてきた周囲の美しさやすばらしさに気づきます。

その瞬間、あらゆるものの中に、愛を見つけ出せるようになるのです。

愛の意識を味わっているとき、あなたは輝きしか見えなくなるでしょう。

もはや恐怖を感じることはありません。

あなたは、本来の自分の偉大さに、気づくようになるからです。

 

鏡を見たら、そこに映っている顔の人物を、ほんとうに心から愛している人だと思ってください。

そう想像するだけでいいですから

それはやがて、現実となります。

 

 

なぜ、飛べるのに歩いているの?

ISHA サンマーク出版 2008-09-24
売り上げランキング : 470626

by ヨメレバ

イーシャ(ISHA)
http://www.isha.com/
オーストラリア出身。国際的に有名なスピリチュアル・リーダー。オーストラリアで浮き沈みの激しい生活を送った後、そのような状況を乗り越えて、悟りの境地に到達する。現在、世界中を回って、人々に相違を越えたところに存在する統一をもたらすためにあくなき活動を続けている。彼女の平和を創り出そうとする活動は、多くの人を感動させた。ビジネスピープル、政治家、芸術家、映画スターから重罪の受刑者、元ゲリラ兵士、末期病患者、そして親に捨てられた子供まで、彼女はさまざまな人に手を差し伸べている。イーシャは率直に、ユーモアを交え、誰もが利用できる、楽しい形で、深い英知のメッセージを伝えている。

 

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>