Tag Archive: エックハルト・トール

すべては無常であり移ろうものと知れば執着せずにすむ

  すべては無常であり移ろうものと知れば執着せずにすむ。 抵抗しない、判断しない、そして執着しない。 この三つは真の自由の、そして悟りを開いた生き方の三つの側面なのだ。   執着しない人は、すべてを見通す一段高 …

続きを読む »

「いま、この瞬間」を尊重すると、人生はスムーズに流れます

  「いま、この瞬間」を尊重したとたん、不幸と苦悩はすべて消え去り、人生は喜びと安らぎとともに、スムーズに流れはじめます。 「いまに在る」意識で行動しているかぎり、あなたのすることはみな、どんなささいな行動でも …

続きを読む »

「いまに在る」ことが自由への鍵です

  さとりとは、「そのうちに」ひらけるものではありません。 わたしたちは、「未来に」自由になることはできないのです。 「いまに在る」ことが自由への鍵であり、わたしたちが自由になれるのは、「いま」しかありません。 …

続きを読む »

相手に関心のすべてを注ぎなさい

  職場やその他の場所で人と会うときには、相手に関心のすべてを注ぎなさい。 あなたは個人としてそこにいるのではなく、気づきの場として、研ぎ澄まされた「いまに在る」状態として、そこにいるのです。 人との関わりの本 …

続きを読む »

「いま、この瞬間」が、人生なのです

  時間の概念を、捨てましょう。 時間は、幻にすぎないからです。 「過去も未来も幻である」ということこそが、真実なのです!   なぜ、「いま」が、一番貴いのでしょうか? 答えは簡単です。 「いま」こそ …

続きを読む »

愛は、わたしたちの内面の、奥深くにあります

  愛は、外界にあるのではありません。 それは、わたしたちの内面の、奥深くにあります。 愛は自分以外の誰か、外界のなにかに依存しません。     わたしたちが「いまに在る」時、「かたちと時間 …

続きを読む »

「さとり」とは「大いなる存在」とひとつであること

  「大いなる存在」こそが、「人間の本質」です。   「大いなる存在」とひとつであること、さらにこの状態を保つこと、これが「さとり」であり、本来はわたしたちにとって、自然な状態なのです。 「大いなる存 …

続きを読む »

「大いなる存在」こそが「人間の本質」です

  「大いなる存在」こそが、「人間の本質」です。  「大いなる存在」は、すべての生命を超越しているだけではありません。 あらゆる生命の奥深くに、目には見えず、絶対に滅びることのない本質として、宿っているのです。 …

続きを読む »

人間はみな誰も、内面においては完璧です

  人間はみな誰も、内面においては完璧です。 しかし、物質レベルではもちろんそれぞれやることがあります。 体験したり、学んだり、色々と身につけたりしています。 しかし、内面の深いところでのあなたの本質は、すでに …

続きを読む »

抵抗しない、判断しない、執着しない

  すべては無常であり、移ろうものと知れば、執着せずにすむ。 抵抗しない、判断しない、そして執着しない。 この三つは真の自由の、そして悟りを開いた生き方の三つの側面なのだ。   執着しない人は、すべて …

続きを読む »

1 / 3123