«

»

「シャドウ・エフェクト」ディーパック・チョプラ、フォード、ウィリアムソン

LINEで送る
Pocket

 

「シャドウ・エフェクト」ディーパック・チョプラ、フォード、ウィリアムソン

「シャドウ・エフェクト」はディーパック・チョプラ、デビー・フォード、マリアン・ウィリアムソンの3氏により書かれ、それぞれの視点でシャドウを超越する方法が書かれています。

今回ご紹介した内容は、デビー・フォード氏の文章になります。
ディーパック・チョプラ氏は申すまでもなく、この世界の権威。
シャドウについてするどく切り込んでいます。
また、スピリチャルな観点からシャドウを読みたければ、マリアン・ウィリアムソン氏がいいと思います。

本書は三者三様に、様々な角度からシャドウのことが書かれているので、シャドウのことを詳しく勉強したい方にはお勧めです。

 

シャドウは、私たち暗黒面であり、秘密であり、私たちが抑圧した感情であり、隠している衝動でもあります。

シャドウとは、私たちが「真の自我」から分離させた影の部分です。

 

有意義な人生を送るための方法はただひとつ。

シャドウに隠された否定的な感情を見きわめ、それらを表現するための適切な方法を捜し、すべてを自分のものとして認めてあげることです。

人は誰でも、自らのあらゆる側面を受け入れる必要があります。

シャドウとして抑えつけた自分自身の一部を取り戻すことこそ、人間が本来の才能を発揮するための、最も確実な方法にほかなりません。

ひとたび味方につければ、シャドウは「神から与えられた地図」となります。

その地図に従えば、望みどおりの人々とつながり、望みどおりの貢献をし、望みどおりの人生を生きられるのです。

 

自分の姿を知る

自分が他者をどう観察しているかに注目すれば、私たちは自分自身のありのままの姿を見ることができます。

人は自分自身の性質を他者に、投影するようにできているのです。

他人に対する非難や判断はすべて、結局は自分自身の中にある、自ら無視したり、否認してしまっている部分を表しています。

他人に対して「いやだな」と思う部分を認め、癒し、受け入れることができれば、もはやそれらに悩まされることはなくなります。

大切なのは、他者に投影している自分自身の部分をすべて認め、受け入れることです。

 

シャドウを受け入れる

シャドウとは、あなたの人生に不可欠な贈り物です。

大切なのは、シャドウから学び、シャドウを受け入れることで、自ら生み出したペルソナの制限を解除し、拡大することなのです。

自らの暗黒面を、自分の「全体の一部」として積極的に受け入れるようにすれば、私たちはさらなるパワー、才能、知性、力を手に入れ、真の偉業を達成できるようになります。

 

シャドウの贈り物

自らのシャドウを受け入れるにつれ、自分たちは神聖な計画に従って生きていることを、実感できるようになります。

私たちは自分自身の最も暗い部分や、人生で一番痛々しい出来事を尊重しなければなりません。

私たちの一番美しい自我を生み出してくれる要素であるからです。

人は皆、泥のように暗く濁った過去や人生の暗黒面を必要としています。

あらゆる痛手や傷、喪失、満たされない願望と、すべての喜びや成功、祝福を組み合わせてはじめて、私たちは最もまばゆく輝く自分自身を表現するための知恵、視野、意欲を授かることができます。

それらこそ、ほかでもない、シャドウの贈り物なのです。

 

シャドウ・エフェクト
「シャドウ・エフェクト」ディーパック・チョプラ、フォード、ウィリアムソン ディーパック・チョプラ,デビー・フォード,マリアン・ウィリアムソン ヴォイス 2011-01-25
売り上げランキング : 85274

by ヨメレバ

ディーパック・チョプラ
医学博士。米国『タイム』誌の“今世紀を代表するヒーロー100人”に選出され、「代替医療の預言者」と評される。フィクションとノンフィクションを含む著書は、55冊を超える。米国内科協会のフェロー、米国臨床内分泌学会のメンバー、ケロッグ経営大学院非常勤教授、ギャラップ・オーガニゼーション特別上席研究員

デビー・フォード
“シャドウ”を研究し、その概念を現代社会学および精神修業に融合させた第一人者で、世界的称賛を受けるティーチャー、講演者、トランスフォーメーショナル・コーチ。

マリアン・ウィリアムソン
国際的に高い評価を受けているスピリチュアル・ティーチャー。2006年『ニューズウィーク』誌の“最も大きな影響力をもつベビー・ブーム世代50人”に選出される。

 

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>