肉体は、魂が宿る神聖な寺院のようなものです

LINEで送る
Pocket

 

肉体は、魂が宿る神聖な寺院のようなものです。

肉体が存在しなければ、この地球上で旅を続けることはできません。

ですから、神聖なものが崇められるのと同様に、肉体も敬意をもって扱われるべきです。

 

悲しいことに、物質的身体は人生における最良のものを経験しながら、同時に増悪・敵意・怒り・苦痛といったものまで運ばなければいけません。

外界の汚染よりも、内部で生産される汚染物質によって、寺院は破壊されていくのです。

肉体という乗り物を愛することは、完全なる愛や全体性へと向かうための第一歩です。

 

 

肉体は、魂が宿る神聖な寺院のようなものです。クリスティン・ペイジ

クリステイン・ペイジ

 

 

 

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

Your email address will not be published.