Tag: 飯田史彦

「生きがいの創造[実践編]」飯田史彦

    人生とは、学びの場なのです。 学びの材料には、苦しい体験だけでなく、楽しい体験も含まれています。 大いに遊んだり、気持ちの良いことをしたり・・・ 肉体を持って物質世界に生まれて来なければ味わえ …

続きを読む »

「ツインソウル」飯田史彦

    突然の脳出血で生死の境をさまよい出会った「究極の光」からのメッセージとは? 「死にかけた」ことで初めて体験できた「スピリチュアルな世界と深くつながった貴重な学び」から「宇宙の真理」がここに明ら …

続きを読む »

自分をおそった障害や病気には重要な意味があります

  病気や障害であることは、ほかのだれのせいでもなく、自分自身で計画した貴重な試練であり、たいへん高度な試験問題であることがわかっています。 自分をおそった障害や病気には重要な意味があり、その試練にうち勝てば、 …

続きを読む »

「ソウルメイト」飯田史彦

      宇宙の正体 宇宙の正体は「意識としての精神宇宙」です。 その精神宇宙が創造した物質世界のことを、私たちが普段「宇宙」と呼んでいるのです。 宇宙は、その本質である「精神宇宙」と、そ …

続きを読む »

「これでいいのだ ― わが道を幸せに生きる方法」飯田史彦

  どんなに苦しくても どんなに悲しいことがあっても あなたの人生は「順調」なのです     本書は飯田先生のカウンセリングでの会話を中心に話が進みます。   カウンセリングの相談 …

続きを読む »

「生きがいの創造」飯田史彦

    退行催眠により、多くの被験者たちが肉体を持たずに意識として自覚している「中間生」(あの世)の記憶を残しているがわかりました。 私たちが「あの世」と呼ぶ世界は、「この世」でいうような「物質」がな …

続きを読む »