Tag: スッタニパータ

「日常語訳 新編スッタニパータ ブッダの〈智恵の言葉〉」今枝由郎

    紀元前5世紀、ゴータマ・シッダールタはインド北部のサキャ王国の王子として生まれ、若くして結婚し、物質的には恵まれた生活を送っていました。 しかし、老い、病い、死という問題から目をそむけることが …

続きを読む »

母が子を命をかけてもまもるように、一切の生きとし生けるものに対して慈しみの心を起こすべし

  あたかも、母が己が独り子を命を賭けても護るように、そのように一切の生きとし生けるものどもに対しても、無量の慈しみの心を起こすべし。 また、全世界に対して無量の慈しみの心を起こしなさい。 上に、下に、また横に …

続きを読む »